まだ遅くない、夏休みの今からランドセル選び!

暑いけど子供たちは元気いっぱいぶんちゃんランドは今日もにぎやかです。

ただいま、ぶんちゃんランドの隣で、「ランドセルフェアー」を開催中です。

 

近年は人工皮革クラリーノのランドセルが主流になっていますが、ランドセルと言えば昔から牛革でした。

天然素材の牛革には選ばれる理由があります。

牛革は特有の風合いが最大の特徴、使えば使うほどに味わいが増していきます。

きちんとお手入れさえすれば、表面につやが出て色も美しく経年変化していきます。

牛革は強度の強い革ですから、6年間毎日使うランドセルの素材として適しています。

 

とは言え、牛革も人工皮革クラリーノもそれぞれにメリット・デメリットがありますので

お子様にあったランドセルを選んでいただきたいと思います。

 

今日は牛革ランドセルのご紹介です。

デニム生地に見えて実は牛革のランドセル

ナース鞄工の「キッズアミデニモ」

デニム調の仕上げ加工を施した牛革で、色はネイビーとブラックの2色。

前段ポケットはジーンズをイメージしたデザインで、キッズアミの素押しプレートを使用しています。

 

子供の遊び心を育む「くるピタ」の牛革ランドセル

色は黒と赤のスタンダードカラータイプです。

前錠は「くるピタ」で小さなお子様でも回しやすく開け閉めが楽にできます。

どちらも、日本の職人がひとつひとつ丁寧に作り上げています。

 

ランドセル選びは毎年早くなってきていますが、今年はお家時間が増えて夏休みに入った今からランドセル選びをスタートの方も専門のスタッフが丁寧にランドセル選びをサポート致します。

 

8月8日(土)・9日(日)は特典2倍デーです。

 

詳しくは

ランドセルを買うなら早めがお得!